‘03 国語力について’ 一覧

【第三章】はじめに
2004-02-12

前2回まで、国の国語力強化に関する下記の5つの法律や各種審議会の答申について紹介をしてきた。すなわち、
1.文化審議会答申「これからの時代に求められる国語力について」(04/02/03)
2.中教審答申「新しい時代における教養教育の在り方について」(02/02/21)
3.文化審議会答申「文化を大切にする社会の構築について~一人一人が心豊かに生きる社会を目指して」 (2002/04/24)
4.「子どもの読書活動の推進に関する法律」(01/12/12)
5.指導要領(文部省告示 98/12/14)
である。
これらを踏まえて、それらの法律や各種審議会の答申の規定や提言の問題点と有効性の検証を行う予定にしていたが、最近になって「文字・活字文化振興法」の成立を目指すという国語力に関係する珍しい動きが表面化してきたので、このことを急遽取上げることにした。
なぜなら、
第1に、この法案が「活字文化議員連盟」という超党派の議員集団から提起されたものであること(「子どもの読書活動の推進に関する法律」と同じく議員立法である。ゆえに、文科省ではなく内閣法制局の下で検討されることになる)
第2に、その背景に日本の子どもたちの国語力が低下しているという危機感があるらしいこと
第3に、対象が子どもだけでなく大人をも含むものであること
第4に、しかも、対象が読者側だけでなく、読書活動をもう一方から支える著者や出版界サイドについても活字文化振興のための環境整備を図ろうとしていること、
さらに、ただし、著作物の再販売価格維持制度の存続を目的とする出版会社と活字文化振興というやや泥臭い側面のあることも指摘しておきたかったからである

【第二章】おわりに
2004-02-11

「国語力」という概念が不明確だ(広すぎる?)ということが、いろいろな意味で「国語論」を難しくしているように思われる。「日本語力」といった場合と異なるのか否か。
このことは、現行の国語科で何を教えるのか、望ましい教科書の在り方はどんなものか、といったこととも関連してくる。
例えば、文学は教えることができるのかとか、教科としての国語では語彙や文法を中とした言語(当然日本語となる)と思考の論理的操作に限るべきではないかとか、文学は読書の時間として別に設置すべきではないかとかいったような議論が、主として学校以外の外野から聞こえてくる(学校現場からはこうした声があまり聞こえてこないのが不思議でさえある)。
このような国語科を取り巻く状況の中で、この答申は従来の国語科の枠組みの中で、国語力を身に付ける方策を探ったものである。したがって、その限界は当然だといえよう。
ただし、先にも触れた「教科内容を、情緒力の育成を中心とした「文学」(あるいは「読書」)と、論理的思考力等の育成を中とした「言語」という2分野に整理すること」や「小学校の国語の授業時間を大幅に増やす」といった提案は、思い切った提案であり、文科省は早速この課題を取上げて議論の場を設けるべきである。これらは、教科性質のものである。書改定を含む大掛かりなものとなることは必至であり、世論を巻き込む大仕事となる。
なお、読書指導の在り方に関しては、二つの検討事項を挙げておきたい。
一つは、学校図書館(室)に専任の司書を配置することである。このことだけで、児童・生徒たちの読書への興味関心がこれまでと比較できないほど高まることは間違いない。
二つは、正規の授業時間の中に読書の時間を設けることである。そしてここでは、色々な作品を1冊丸ごと読ませるというスタイルにして、多読の中から作品や作家への興味関心を喚起し、延いては読書を通じて自ずと国語力が身に付く結果を期待するのである。

【第二章】2.国語力を身に付けるための読書活動の在り方
2004-02-10

【資料 2-2-1】

1.読書活動についての基本的な認識

『読書は,人類が獲得した文化である。読書により我々は,楽しく,知識が付き,ものを考えることができる。また,あらゆる分野が用意され,簡単に享受でき,しかもそれほど費用が掛からないという特色を有する。読書習慣を身に付けることは,国語力を向上させるばかりでなく,一生の財産として生きる力ともなり,楽しみの基ともなるものである。

国語力との関係でも,読書は,国語力を構成している「考える力」「感じる力」「想像する力」「表す力」「国語の知識等」のいずれにもかかわり,これらの力を育てる上で中核となるものである。特に,すべての活動の基盤ともなる「教養・価値観・感性等」を生涯を通じて身に付けていくために極めて重要なものである。』

 

 読書の目的というよりは、読書の効用といったほうがよいだろう。読書をめぐっては「なぜ本を読むのか」という根本的な問いが存在するが、ここでは国語力をつけるのに読書は欠かせない重要な働きをする、と明確に位置づけている。

 

【資料 2-2-2】
2.学校における読書活動推進の具体的な取り組み
(1)学校図書館の計画的な整備
<学校図書館図書標準を確実に達成する>
学校図書館図書標準が平成5年に定められて既に10年が経過している。それにもかかわらず,その達成率は3割台にすぎないというのが実情である。まず,この学校図書館図書標準を確実に達成することが何よりも大切なことである。
<学校図書館における「図書の整備」を進める>
学校の自己点検や評価項目の一つに,学校図書館の「図書の整備状況」等を盛り込むなど,学校や地域で図書が適切に整備されているかどうかを保護者の協力を得て明らかにし,評価していく必要がある。
<学校図書館に「人がいる」ことが大切>

 

 

学校図書館図書標準を確実に達成するべきだ、という文言はこの答申の中で最も重要な提言であると思う。国が決めた基準を国が守っていないことへの不満が滲み出ているように思われる。
また、学校図書館の「図書の整備状況」等を学校の自己点検や評価項目の一つに加えて、学校や地域で図書が適切に整備されているかどうかを保護者の協力を得て明らかにし,評価していく必要があると述べているが、説得力がある。
さらに、学校図書館に常に人がいる体制を作ることが大切と述べているのも、当然のことである。にもかかわらず、司書教諭という授業と兼任する制度を導入していることは、全く納得できない。学校図書館司書という専任を配置する体制を作るべきである。

 

【資料 2-2-3】
(2)学校における「読書」の位置づけ
<すべての教科で「読書活動」に取り組む>
現在,読書活動については,一般に「国語科」の中で行われるものと認識されている。しかし,読書活動は,一教科の中だけで取り組むものではなく,すべての教科にわたって全校を挙げて取り組むものとして明確に位置付けられるべきである。その意味では,学習指導要領などとの関係についても再検討することが必要なのではないかと考えられる。
<「読書指導」の充実を考える>
中学生や高校生の「読書離れ」の背景には,彼らに一般向けの本を読むことのできる力が十分身に付いていないこともあるのではないか。読書という活動の特質から,自主性・自発性の尊重が重要ではあるが,学校教育の中で適切に指導することは必要である。

 

読書は自ずから自然に体得できるものではなく、一定の訓練が必要である。その意味からしても、すべての教科にわたって全校を挙げて取り組むものとして学習指導要領などで明確に位置付けられるべきである、というのは思い切った提言であるように思われる。

 

【資料 2-2-4】
(3)望ましい「読書指導」の在り方
<子供たちの「読書意欲」を高める>
学校では,個々の子供たちの状況に応じたきめ細かな読書指導を行っていくべきである。
読書指導においては,子供と本との橋渡しをする教員の役割が極めて大切であり,教員の読書指導の質が問われることになる。読書指導における教員の姿勢は重要で,「本を読まない教員は求められていない」と言うこともできる。
<家庭と連携した「読書指導」を考える>
教員が子供の読書状況を正確に把握した「きめ細かい読書指導」を行い,さらに,学校と家庭との意思疎通を図る工夫が必要である。

 

個々の子供たちの状況に応じたきめ細かな読書指導を行っていくべきであり、また、読書指導における教員の姿勢は重要で,「本を読まない教員は求められていない」と言うこともできると述べているのは、教員の読書に対する姿勢のお寒い現状を真正面から突いたもので評価できるのではないだろうか。
また、家庭と連携した「読書指導」の必要性も同感だ。

 

【資料 2-2-5】
(4)子どもたちが読む本の質的・量的な充実
<教科書などの内容を見直す>
学校教育で使われている現行の教科書等が子供たちの読みたいという気持ちに十分こたえているのか,また,教科書等に現在収録されている分量・内容で,一般向けの本が読めるようになるのかといった問題点が指摘されている。
<関係団体との連携・協力を進める>
『読書活動の推進運動を展開していくために,関係団体との連携・協力の下,出版社や作家・著述家などの関係者への働き掛けも進めていくべきであろう。』

 

現行の国語の教科書の薄さは大いに気になるところであるが、同時に逐条的読解も問題である。とにかく1冊丸ごと読破するという経験をこそさせるべきだろう。副読本として読み物を大いに与えるべきである。

 

【資料 2-2-6】
3.家庭や社会における読書推進活動の具体的な取り組み
(1)家庭や地域社会における読書活動の支援
<子供への「読み聞かせ」を重視する>
<情報交換や情報の共有化を図ることが大切>
<社会教育の観点が必要>
『今後は学校教育の中だけで読書活動を推進するのではなく,社会教育の観点が必要になると予想される。また,「学校や図書館」と「地域」とが結び付いた活動の場作りが重要であり,さらに学校図書館と公立図書館との連携など,それぞれの機関が有機的に連携・協力できるような取組を進めていくことが必要である。』

 

教科としての国語という側面を重視すれば学校教育の範囲となるが、読書という観点から考えれば社会教育の観点も必要となるのは当然である。

 

【資料 2-2-7】
(2)読書環境にかかわる情報の公開
<情報を公開することが大切>
一般の公立図書館についても,図書の整備は進みつつあるが,まだ,かなりの町村では進んでおらず,その蔵書も地域住民の要求に十分にこたえられるほどには整っていないところがあるという状況である。地域ごとの図書館整備への取組については大きな格差が認められるが,なかなかその現状が住民に伝わっていない状況にある。
以上のことから,国や地方公共団体が読書環境の整備の現状を知らせるために,データを整備し,積極的に情報を公開することが求められる。
<数値目標を示すことが重要>
地方公共団体では,現在「子ども読書活動推進計画」を策定しているところであり,学校図書館や公共図書館の整備や連携,図書館を核にした読書活動の推進などが盛り込まれている。各団体が責任を持って策定した計画を実行に移していくことが望まれるが,策定する計画においては,抽象的な目標ではなく,数値目標を示して住民や保護者等の評価を受けることが望ましい。
このような点を踏まえると,地方公共団体で,具体的な目標を伴った推進計画を策定するとともに,その計画を中心として読書環境の整備に向けて,具体的にどのように取り組んでいるかについての情報を明らかにしていくことが求められる。情報が公開されることによって,住民や保護者等が,地方公共団体の取組に対し,関心を高め,評価し,働き掛けていくことになり,首長や校長などリーダーの「読書に対する意識」を高めることにもつながっていくものである。

 

この「読書環境にかかわる情報の公開」の部分は、最近の市民運動や学校開放(例えば、学校評議会の設置など)の影響を受けたものであろう。
すなわち、国や地方公共団体は地域ごとの図書館整備への取組について住民に全ての情報を開示し、「子ども読書活動推進計画」などの策定にあたっては,抽象的な目標ではなく,数値目標を示して住民や保護者等の評価を受けることが望ましい。なぜなら、情報が公開されることによって,住民や保護者等が,地方公共団体の取組に対し,関心を高め,評価し,働き掛けていくことになり,首長や校長などリーダーの「読書に対する意識」を高めることにもつながっていくものであるから、と述べているからである。

 

Copyright© 京葉学舎 | 千葉市花見川区の学習塾 All Rights Reserved.